ようこそ、境港へ‼このブログは鳥取県の小さな市、境港周辺のコアな観光情報です。

今、まさに水木しげるロードを歩こうと思っている方、鬼太郎列車やマイカーで水木しげるロードに向かっている方は目次より3の『水木しげるロードを歩く前に!』進んでください。1と2は読まずに飛ばしても構いません。時間があるときに見てください。

楽しい旅行にするために目次より、3の『水木しげるロードを歩く前に!』の方へお進み下さい!!

水木しげるロード

ここでは境港市にある水木しげるロード(鬼太郎ロード)を中心に境港市の魅力を発信していこうと思います。周辺の松江市、米子市も境港に近いところは紹介しますよ。

水木しげるロードは鳥取県の人口3万2千人程の小さな市、境港市に整備された観光対応型の商店街です。

境港駅から本町アーケードまでの全長約800mの間に、ゲゲゲの鬼太郎のキャラクターなどの銅像が多数 設置されています。

水木しげるロードは平成5年、銅像23体の設置をもってオープンしました。

当初は23体しかなく商店街もシャッターの閉まったままの店もあれば、シャッターは開いているけど営業しているのかさえ分からない様な店もありました。

また像が壊され盗まれるなどといった被害が発生したこともありましたが、年を追うごとに像が増えていき現在に至ります。

最初の頃は『妖怪に会える街』というキャッチフレーズを見て「勝手に妖怪の町にしやがって」と思ったものですが、今では全国に胸を張れるような通りになりました。

全国の皆さん、浅草の仲見世通りのような華やかさは無いかもしれませんが、通りを歩けば妖怪像や鬼太郎の手作りオブジェなどを飾る店、各店のオリジナルの商品など見所は多数あります。おいしい魚も健在です!

ぜひ一度、境港に遊びに来て下さい!

暗くなっても楽しめる様になりました!

大規模なリニューアル工事が2018年7月に完成し、歩道の拡張、夜間照明の新設、銅像の再配置などが行われ、夜の水木しげるロードも楽しめる様になりました。ライトアップされた木々や地面に映し出される妖怪たちはとても綺麗です。

平日の夜もライトアップされていて綺麗ですが、ランニングやウオーキングをしている人以外、ほぼ人がいません。もちろんお店も閉まってます。そのため水木しげるロードを堪能できます。夜の 水木しげるロード 、かなり穴場ですよ!

愛犬 わっさん
愛犬 わっさん

地元のもんは水木しげるロードでなしに、鬼太郎ロードって呼んどるだがん。

(地元民は鬼太郎ロードの愛称で親しんでいます)

水木しげるロードを歩く前に!

まずは、スタート地点。やはりスタートは境港駅からが良いと思います。

汽車で来た人は当然ここがスタートですね。(境線はディーゼル機関車なので電車ではありません)駅を出てすぐのところに『水木しげる先生執筆中』というブロンズ像がお出迎えです。

皆この像の写真を撮り、すぐその周辺の妖怪像につられて歩きだしまずが、慌ててはいけません!!

今のあなたの状態はRPGに例えると、ほぼ何も装備していない丸腰の状態です。ドラクエなら『ヒノキの棒』と『布の服』の状態です。まずは必要なものを揃えましょう!

最初に寄ってほしい所は境港駅の隣の建物、『みなとさかい交流会館』です。手前の建物が境港駅で後ろの大きな建物が『みなとさかい交流会館』です。

みなとさかい交流会館内の観光案内所で『水木しげるロードガイドマップ』と『境港市観光案内図』、『トリパス』を入手して下さい。いずれも無料です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5622-1-944x1024.jpg

車でお越しの方も駐車場からロードまで歩き、そこから境港駅方面へ探索し、ガイドマップなどを入手されることをお勧めします。

愛犬 わっさん
愛犬 わっさん

お得な情報を家に帰ってから気付いったって遅いけんね。

無料のガイドマップやトリパスは最初にもらっときないよ。

さて、『水木しげるロードガイドマップ』を手に入れたら、スマートフォンに『AReader』というアプリを入れてみてください。

これはどんなアプリかというと『ARマーカー』なるものにスマホをかざせば妖怪の詳しい説明が出てくるというものです。特にお子さんなどが喜びそうな演出です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5636-1024x768.jpg

これがARマーカーです。像の土台んのどこかに張り付けてあるので、探してみて下さい。

スタンプラリーについて

スタンプラリーをしてみたい方は観光案内所にて『妖怪ハンドブック』を購入して下さい。定価 120円(税込み)です。

妖怪ハンドブックは水木しげるロード内、一部の店舗でも取り扱いがあるようです。ハンドブックを買われた方はハンドブック内に各妖怪たちの説明が載っているので、ARマーカーを使用しなくても妖怪に詳しくなれます。

ただしARマーカーで出てくる説明と妖怪ハンドブックの説明は全く一緒な文章ではありません。完璧を求められる方は両方AR準備して下さい。

トリパスについて

このトリパス、鳥取県内の各施設などの優待特典が受けられます。

境港市は県西部なので西部のところを見てください。パスポート後半あたりです。その中に『水木しげる記念館』の割引特典もあるので遠慮せずに使いましょう。

観光案内所でも500円以上のお土産をお買い上げで『ポストカード』がもらえます。

そしてタオルも1枚用意しておきましょう。

さあ、準備できましたか?

『水木しげるロードガイドマップ』、『境港市観光案内図』、『トリパス』。携帯にAReaderのアプリまたは妖怪ガイドブック。タオルを1枚。準備できたらさっそく妖怪に会いに行きましょう!

次の記事 せっかく来たなら乗ってみて!各駅停車の妖怪列車

コメント

タイトルとURLをコピーしました