妖怪探索へ、さあ出発!!境港駅から商店街方面へ。境港観光の始まりです。

持ち物を再度確認しよう

確認です!駅を出て隣のみなとさかい交流会館内の観光案内所で『水木しげるロードガイドマップ』、『境港市観光案内図』、『トリパス』は手に入れましたね?(強制ではないです)携帯に『AReaderのアプリ』または『妖怪ガイドブック 定価120円税込み』、もしくは両方の用意はできました?。(任意です)そしてタオルを1枚 。(これは必須)さあ、出発しましょう

反時計周りに歩こう!

決まった順路はありませんが、とりあえず反時計回りで駅前公園に向かいます。主人公の乗ったポストに妖怪レリーフなどいろいろあります。

鬼太郎列車を眺めながら歩道を進んでいきます。

この主人公が乗っているの赤いポストは普通のポストです。ここに入れると妖怪の消印にはなりません ???

著作権の関係でポストの上の妖怪には身を隠してもらいました。

 実はロード内の妖怪ポストから手紙を送ると主要キャラたちの消印が押されて届きます。それでこの赤いポストに投函した場合は妖怪消印の対象ではないということです。

「なんだ、紛らわしいし」と思われるかもしれませんが、郵便局にも都合があるのです。多分。

とにかくのんびり歩きながら探してみましょう。 あなたの旅に『妖怪ポストを探す楽しみ』が追加されました!!

妖怪公園

駅から南に50メートルほど、地図でいうと駅の下側の妖怪公園を目指します。『水木しげるロードガイドマップ』左下あたりが現在地です。

このガイドマップ、像の配置が分かりやすく書いてあるのがいいですね。『妖怪ガイドブック』を買われた方はの1ページ目にも同じような地図が載っています。         

公園内には水木しげる像もあります。ここはまだ商店街ではないので賑やかではありませんが、かなりの数の像があります。

公園から次の交差点までの間が『水木漫画の世界』と題して鬼太郎以外の作品もある場所です。

スタンプ発見!

スタンプ発見!!千代結び酒造前 (≧▽≦)

公園から歩いてきて最初の信号手前、ここは境港市で唯一の酒蔵です。ロード沿い直売所に初めのスタンプが置いてあります!!さっそく妖怪ハンドブックにスタンプを押しましょう!

中では当然お酒を売っていて、水木しげる先生の作品にちなんだ酒も売っています。主要キャラの瓶もあり、飲み終わったら飾れますよ。

店内は主要キャラ関連のお酒がたくさんありました。画像が載せれないのが残念です。

自分用に梅酒を買ってみました。梅酒は目玉の大きいいおやじの瓶でした。飲み終わったらアロマのディフューザーとして使えるように穴の開いた蓋つきです!

それでは次へ。

これから渡る信号の向こうは森にすむ妖怪です。

握手のできる大きなブロンズ像。

『森に住む妖怪』のエリア手前には握手のできる像(等身大)がいます。今まで何人の人と握手したのでしょう?めちゃくちゃ手がツルツルです(笑)

著作権の関係により管理人の何となくのイラストです。ご了承下さい。

それでは『森に住む妖怪』のエリアを探索です。全長約800メートル鬼太郎ロード。その中で僅か20メートル程のエリアです。この区間はまだ店もありませんが、ここを過ぎると店が増えてきます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5340-2-1024x482.jpg

このエリアはすごく狭く妖怪も少ないです。森に住む妖怪は『ゲゲゲの鬼太郎』にはあまり登場する機会がないのかもしれません。

そして、奈良県または兵庫県西宮市出身(どっち?)の『砂かけ婆』も森の中の妖怪に分類されています。なぜでしょう?詳しくはわかりませんがガイドブックにそう書いてあります。(笑) 

こんな感じのブロンズ像です↑

爪の内側に砂をまく管があり、砂をかけて相手の目をつぶす。筒状になっている髪の毛一本一本からマシンガンのように砂を飛ばすそうです。すごい機能をもっていますね!!

反対側の歩道にも何体か像がありますが、駅より半時計回りで歩いているため、帰り道で紹介します。

『神仏・吉凶を司る妖怪たち』のエリア

このあたりから店が増えてきます。

この写真のお店は絵画まんじゅうというオリジナル商品をここで焼き販売しています。10個入りで主人公のチャンチャンコ模様の袋に入ってます。

写真を撮ろうと思い買ったのですが、家に置いていたら写真を撮る前に食べられてました。(涙)袋の中にはネコ型の娘と、ねずみタイプの男が残されていました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5348-1024x334.jpg

気を取り直して翌日買いに行ったのですが、店員さん曰く最近はコロナの影響で毎日は焼いていないとのこと。日曜限定100袋ぐらい?のレア商品になってました。(2021年11月現)

まとめ

持っていれば、水木しげるロードをより楽しめる物のリストです。

  • 水木しげるロードガイドマップ 
  • 境港市観光案内図 
  • トリパス 
  • AReaderのアプリ 
  • 妖怪ガイドブック 定価120円(税込み)
  • タオル

その他

  • 境港駅をスタートしたら反時計周りに歩いてみよう。

次の記事です。緊急告知 第19回ゲゲゲの下駄つみ大会!!!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました