海とくらしの史料館

海とくらしの史料館

境港駅から約2キロの場所にある海とくらしの史料館は『水のない水族館』として有名です。

中身はないけど『本物』だ!がキャッチフレーズです。

日本最大級のはく製ミュージアムで、700種4000体のはく製があります。また館内は展示物には触れませんが撮影OKです!が写真をブログに乗せるのは問題があるのでイラストです。

入ってすぐの正面にはホホジロザメのはく製がありますが、クリスマス前で頭に赤い帽子が載せてあり迫力があるというよりかわいいです

愛犬 わっさん
愛犬 わっさん

帽子をかぶったほどで、サメもかわいげに見えーがな。

右のイラストはクロマグロ。

イラストでは分かりにくいですが、サメもマグロもかなり巨大です。

そしてサメの仲間だけでもかなりの種類のはく製の展示がありました。

もうここまでくるとフカヒレだらけって感じです。こちらは大きいもので80cmぐらいでした。

場内の展示は魚のはく製だけではなく、漁業の方法も模型を使い立体的に展示してあります。非常に分かりやすく作ってありました。

画像はありませんが、場内の展示で大きいはく製にはサンタの帽子を被せるのが好きなようです(笑)サメ以外にもマンボウなどにも被せてありました。 

本当に沢山のはく製があり、魚だけでなくワニのはく製も3体ほど2階に上がる階段付近にひっそりと置かれています。

2階にはハリセンボン通りという、ものすごい数のハリセンボンがぶら下がっている場所があります。

よくこの数を作ったものだと感心します!とてもイラストでは描ききれない数でした(汗)

資料館になる前

海とくらしの史料館は明治時代の建物で元は酒蔵でした。1994年改修したもので、2階の展示スペースは当時の蔵の梁などが手の届く位置にあります。当時の建物の梁の太さに驚きます。

すごくお洒落な雰囲気です。

わっさん<br>
わっさん

建物自体は古いけど改修されているから中は綺麗なよ。

近くに来たなら、寄ってみてごしない。

開館時間と入館料

  • 開館時間 午前9:30~午後5:00(受付終了は午後4:30)
  • 休館日 火曜日(祝日と重なる場合は翌日)12/29~1/3
  • 小・中・高・外国人100円一般410円幼児・70歳以上・障害のある方と介助の方 1名 無料
  • 有料入館者20名以上で 大人40円引き 小人10円引き

アクセス

米子自動車道(米子ICより)約40分

水木しげるロードより約5分

徒歩

境港駅から水木しげるロード経由 約20分

山陰両県よりお越しの方へ

We LOVE 山陰キャンペーンにより、2021年12月中は山陰両県からお越しの方は身分証を呈示(運転免許証、マイナンバーカードなど)すると半額です!!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 境港情報へ
にほんブログ村
境港市ランキング

上のボタンで応援していただけたら嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました