境水道大橋と境港の水産物

境水道大橋

境水道大橋は境港市と松江市(美保関町側)を結ぶ橋です。

今では無料ですが平成14年まで有料の橋でした。

勾配は7.25%と江島大橋(ベタ踏み坂)より急で橋は境港側の標高ほぼ0メートルから始まり美保関町側の山の中腹あたりの標高約50メートル付近へと繋がる左右非対称の橋です。

わっさん
わっさん

境には がいな橋が2つあってなぁ。一つが江島大橋、もう一つがこの大橋だがん。

この境水道大は『橋水木しげるロード』より約2キロ、『海とくらしの史料館』からは500メートルほどの距離です。

『海とくらしの史料館』からは橋が大きく見た目は近くに感じますが、歩くと意外と距離があります。

そして今回、紹介したいのは 橋のすぐそばにある水産物 直売センターです!

水産物直売センター

年末で活気あふれる水産物直売センターの様子です。

場所は本当に橋のすぐ近く。橋の下と言ってもいいくらいの場所にあります。

この時期は各店『松葉ガニ』や『ベニズワイガニ』がたくさん並び主力の商品として販売しています。また新鮮な魚も数多く販売されており、観光客の方だけではなくの地元の客も多数来店します。

現在主力の商品、松葉ガニとベニズワイガニ。

禁漁期でも冷凍のカニがあるのですが、今はカニ漁ができる時期なので店頭に並んでいる量が違います。

特にベニズワイガニはボイルする前からすでに赤い色です。そのため、店にカニの無い禁漁期の時期に比べると今の時期の水産物直売センターはカニ・カニ・カニの赤でとても華やかです!

今年は水揚げ量が少なく例年よりも割高ですが、地元の人も利用する店なので観光客の方からすれば良心的な値付けです。

各、店の前はカニがずらりと並んでいます。当然、生きているカニも販売されておりその他の魚介類も豊富に販売しています。

日本有数の漁港、境港の魚市場に一度足を運んで見てはいかかでしょう。

わっさん
わっさん

カニとかマジで美味げなよ。自宅でちょっと贅沢なカニ鍋をやらかと思ったらここに買いに来るだわ。

アクセス

手書きの地図で申し訳ないですが、水産物直売センターは橋のすぐ傍、駅から約2kmの距離です。海岸線を道なりに走り海とくらしの史料館を通り過ぎて400m先を左折し橋の下をくぐれば水産物直売センターです。

新鮮な魚介類を宅配便で送ることもできますよ。

さあ、今晩はカ二鍋なんてどうでしょう。

おまけ

境水道大橋ですの写真です。ベタ踏み坂同様に急こう配になるように撮りたかったんですが、正面から写真を撮れる場所が無くてあまり急に見えない写真となりました。残念!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 境港情報へ
にほんブログ村
境港市ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました