夢みなとタワー

夢みなとタワー

平成9の年7月~9月にかけて開催された 「 山陰・夢みなと博覧会」

その跡地に撤去されず残っている『夢みなとタワー』に行ってきました!

構造は鉄骨構造一部鉄筋コンクリート構造。

タワーはガラスと鉄骨で作られたような建物ですが柱に杉の木材も使われています。

タワー内部は鳥取県及び環日本海諸国を中心とする国内外の自然、歴史、文化等の紹介並びに物産の展示及び宣伝を行っています。

12月に入り観光施設や商業施設はどこもクリスマスの飾りつけやライトアップなどで綺麗ですね。ここ夢みなとタワーでも、クリスマスの飾りつけがされており普段とは違う館内です。

タワーの中央のエレベータは3階か展望タワーしか選べません。軽食喫茶に行くには3階から上がるか別のエレベーターか階段で4階に上がってください。

3階展示ゾーン

3階展示ゾーンにはモンゴルの家、ゲルが展示されています。

ゲルは円形の家で、中心の柱から伸びる放射状の梁に羊の毛で作ったのフェルトをかぶせ、屋根と壁になるように作られた、物凄く頑丈なテントだと思ってください。壁の骨格は木組みで、菱格子に組んであり接合部は蛇腹のように折り畳めるので遊牧民にはとても使い勝手のいい家なのでしょう。

フェルトと聞いて手芸用のフェルトを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、触ってみると分厚いです。完全に絨毯のような厚みです。

実際に中に入ると真ん中に柱がある大きなテントといった感じです。

 イラスト内に、シュッとした『わっさんが』いますが、タワーの中にペットは入れません。実際わっさんの身長はもっと低いです。

そのほか民族衣装が無料で試着できるコーナーや民族楽器などの展示もあります!

展望タワー

展望タワーは地上43メートル。360度のパノラマが楽しめます!

天気がよければ大山(だいせん)が水平線の上に浮かぶように見ることができ、美保湾、中海、島根半島まで一望できます。天気が良ければ...。

御覧のように『大山』とタワーのガラスに張り付けてありますが、残念なことに大山の方向は今日は雲で隠れていました。

わっさん
わっさん

この時期、山陰は雨や曇りが多いけんな。まーこげな日もあーわい。

たびたび登場の江島大橋(ベタ踏み坂)。タワーから撮った写真です。

夢みなとタワーは全日本タワー協会加盟タワーのうち最も低いタワーです。そのため一番近い国道431号線を米子方面から向かって走行していても防風林が邪魔をして、その姿は見えません。

つまり、タワーを目指して走ることができないのです。車でタワーに行こうと思ったら、タワーを目印に走るのではなく道路の看板を目印に走りましょう。

わっさん
わっさん

看板やナビを頼りに走るだわ。

アクセス

  • 米子自動車道米子ICより約30分
  • 境港駅から約15分
  • 〒684-0046 鳥取県境港市竹内町255-3

入館料と営業時間

  • 高校生以上300円 小中学生150円
  • 団体10~19名 270円 小学生130円
  • 団体20名以上 240円 小学生 120円
  • 営業時間 9:00~18:00(10~3月は17:00)
  • 休館日 毎月第2水曜日

タワー協会加盟タワーのうち、もっとの低いタワーで境港の景色を楽しみましょう!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 境港情報へ
にほんブログ村
境港市ランキング

ブログランキング参加中!上のボタンで応援してくれたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました