韓国発、激辛ラーメン

夢みなとタワーのエントランスロビーの横にあるタワーショッピングモール。少し前まで梨のソフトクリームの販売や、屋台のようなラーメン屋さん、乾物や境港の特産品を扱う店などがありましたが最近になって、韓国の食品を売る店がオープンしました。

ショッピングモール

店内は韓国から輸入されたお菓子や食品、お酒などがかなりの数並んでいます。

パッケージには日本語が表記されていて、日本向けに作られている商品も多数ありましたが韓国語しか書いてない、どんな味か想像できないようなパッケージの物も多数ありました。

もちろん韓国など読めませんし、日本語で書てあるPOPをみてどんなものか想像するんですが、POPを読まなくても分かる商品を見つけました。

赤いラーメン

その名もブルマワン

わっさん
わっさん

あー、やめとけ、やめとけ。

陳列棚のPOPに

「唐辛子150個分、めちゃ辛いけどそれでいてちゃんとおいしい」

とか書いてあるので、辛くて美味しいなら食べてみたいじゃないですか!

わっさんの忠告も無視し、とりあえず一度食べてみようと思い、少し高いなーと思いながらも食べてみることに!

調理開始

袋を開けます。国産の袋めんより少し太めの麺が見えます。茹で時間も4分30秒なので日本のインスタント麺より太いのは間違いないです。

黒いラーメンどんぶりに粉末スープを入れてみます。

黒い水槽に赤い金魚を入れると映えるといいますが、粉末スープの色も映えています。金魚のように鮮やかな赤です。赤いパプリカの粉末で赤みを出しているのでしょうか?

本能的に身の危険を感じたので、とりあえず野菜をたっぷり煮込み一緒に口に入れることで少しでも辛さを薄めようと試みます。

野菜以外のトッピングにはチャーシューを。そして半熟卵の黄身で辛さを和らげ全体にコクを出して味の方向性をできる範囲でコントロールします。

お湯で溶いたスープの見た目は味噌ラーメン。正直そんなに辛いとは思えません。さあ、一口目を食べてみましょう!!

実食!

太目の麺を一気にすすります。そして味わいながらよく噛んで、飲み込む寸前までの数秒間は辛いとは感じませんでした...が、その後は痛い!!!!!!!

そうです、辛いより痛い。やつら(唐辛子とその一味)が全身全霊で口の中を攻撃します。すさまじい火力の集中砲火です。もう多めに入れたはずの野菜も風前の灯火。「あれ?野菜君!!居たの?」といった感じ。

いや違う、その野菜すら辛い(汗)「朱に交われば赤くなる」このことわざ、そういうことか?

痛みが薄まるどころか朱に交わってしまった激辛野菜を食べなければならないこの失敗感(汗)

チャーシューで麺を挟み一緒に口にいれますが、やつら(唐辛子とその一味)は攻撃の手をゆるめません。口の中は完全にお祭り騒ぎです。

そしてやつら(唐辛子とその一味)は口の中だけでは飽き足りず唇までも容赦なく焼き尽くします。

もうこれしかない!半熟卵の黄身を溶き、辛みをやわらげコクを出そう。しかし黄身の善戦もむなしくあっという間に辛さの波にさらわれて、波をかぶったテトラポットのように頭から汗がしたたり落ちてきます。

口の中の痛みと流れ落ちる汗はやむことが無く、誰かが言った「やまない雨は無いんだよ」のセリフも遠くにかすみます。

気が付けば昼飯で予想を上回る攻撃を受け続け、防御しきれずに、打ちのめされたおじさんが汗を拭き水を飲みながら食事するという事態に。

コールド負けの許されない甲子園で9回まで何とか投げ切ったうえで大差で負けた。そんな昼飯になりました。

結局、美味かったの?と聞かれたら「痛かった」と答えるしかない味でした。完食!

好き嫌いはありますが、これは食べる事より、辛さナンバーワンを求めて作られた商品のようです。とにかく唐辛子のしぼり汁でうがいをしているような感覚でした。

わっさん
わっさん

言うこと聞かんだけんなー。やめって言ったがー。このだらずが。

ちなみにお値段 税込み335円

インスタント麺にしては高いと感じましたが、体験を買うにはお手頃かと。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 境港情報へ
にほんブログ村
境港市ランキング

ブログランキング参加中!上のボタンで応援してくれたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました